HOME > 最新情報一覧 > 【ハラ ミュージアム アークからのお知らせ】

最新情報

【ハラ ミュージアム アークからのお知らせ】

ハラ ミュージアム アークより、夏季の展覧会のお知らせです。伊香保グリーン牧場とセットになったお得なチケットもあります。あわせてぜひお出かけください!

鬼頭健吾 Multiple Star II

現代美術ギャラリーA

ギャラリーAでは10ヶ月わたるユニークな連続企画「鬼頭健吾 Multiple Star」展を開催しています。第一期では鬼頭の代表的なモチーフであるフラフープを1300本使用、大空間を埋め尽くす伸びやかでカラフルなインスタレーションが出現しました。第二期にあたる本展では、新作を中心とする数々の大型平面作品と、天井から吊り下げたネットと糸による作品がお目見えします。いずれも<線と色と空間の関係>というテーマに鬼頭健吾が真摯に取り組んだ意欲作であり、第三期への布石とも呼べる作品群となっています。Multiple Star(多重星)とは、地球からは近接した位置に見える3つ以上の恒星を指す言葉です。本展では、個々の作品が放つきらめきと、それらが重なることで生じる響きあいをどうぞご堪能ください。


色と形の冒険―原美術館コレクション
現代美術ギャラリーB・C

現代のアーティストたちは、対象を忠実に写すためではなく、だれかに伝えたいメッセージやイメージを表現するため、あるいは見えないものや形のないものに触れるために、色彩(色)とフォルム(形)の実験や挑戦、冒険を繰り返してきました。
本展では、戦争やテロといった圧倒的な暴力に対する怒りや平和への祈り、自然への畏敬、受け継がれてきた美術史へのオマージュ、生きる喜びやときめく恋心など、さまざまな思いが表現された作品を、それぞれの色と形に注目しながら見てゆきたいと思います。


線のひびき

特別展示室 觀海庵

【前期】2017年7月1日[土]-7月26日[水] 
【後期】2017年7月28日[金]-9月10日[日]

絵画表現の基本となる線は、描くスピードや力の加減によって、その質感や太さなどを変えることができます。白紙の画面に線を一本引けば、そこにはもうイメージの世界が生まれるのです。同じものを描くとしても、輪郭線でかたどるだけでなく、表現したい形を面で表す、塗り残すなど、複数の方法があります。さらに色彩も加われば、無限にイメージの世界が広がります。見る角度によっても見え方はさまざま。時代や地域を超えた多様なコレクションから、線の多彩な効果をお楽しみください。

 

 

 

 

 

 




---------------------------------------------
期間中は下記のイベント・催事を開催いたします。詳細はお問い合わせください。
■ワークショップⅠ アートうちわをつくろう!
8月5日[土]、6日[日]、19日[土]、20日[日]
■ワークショップII ナカダイ伊香保工場 モノ: ファクトリー×ハラ ミュージアム アーク
8月12日[土]、13日[日]
■SHOP at CAFE ジュエリーの森 ナチュールからポップまで NOBORU SHIONOYA(ノボル シオノヤ)
展示・販売期間 7月7日[金]-9月10日[日] ハラ ミュージアム アーク内カフェダール

---------------------------------------------
展覧会会期: 2017年7月 1日[土]-9月10日[日]
開館時間: 9:30 AM - 4:30 PM(入館は4:00 PMまで)
休館日: 木曜日(8月中無休)
入館料: 一般1,100円、大高生700円、小中生500円
※「鬼頭健吾 MULTIPLE STAR II」、「色と形の冒険」、「線のひびき」を併せてご覧いただけます。
伊香保グリーン牧場とのセット券(一般1,800円、大高生1,500円、中学生1,400円、小学生800円)。
■群馬県在住の皆様へ 
県内の小中学生は学期中の土曜の入館無料。
「ぐーちょきパスポート」のご提示により5名様まで入館料200円割引。
■特別プログラム
会期中毎週日曜日(2:30 pmより約1時間)、予約制にて学芸員によるギャラリーガイド、および開架式収蔵庫(現代美術)の特別公開(中学生以上対象)をいたします(お問い合わせ Tel: 0279-24-6585)
---------------------------------------------
ハラ ミュージアム アーク
住所: 〒377-0027 群馬県渋川市金井2855-1
TEL: 0279-24-6585  FAX: 0279-24-0449  E-mail: arc@haramuseum.or.jp
〈ウェブサイト〉 http://www.haramuseum.or.jp
〈携帯サイト〉 http://mobile.haramuseum.or.jp
〈ブログ〉 http://www.art-it.asia/u/HaraMuseum
〈ツイッター〉 http://twitter.com/HaraMuseumARC
---------------------------------------------