HOME > 最新情報一覧 > 鬼頭健吾 Multiple Star I

最新情報

鬼頭健吾 Multiple Star I

鬼頭健吾 MULTIPLE STAR I
2017年3月11日[土]-6月25日[日]
ハラ ミュージアム アーク 現代美術ギャラリーA

「鬼頭健吾 MULTIPLE STAR」展は、この春からの10ヶ月間、作家が巡る季節ごとに当館で現地制作する、全く異なる3つの大型インスタレーション作品を中心に観てゆく展覧会です。このユニークな試みの第一弾となる春季展「鬼頭健吾 MULTIPLE STAR I」では、鬼頭が繰り返し手がけているフラフープを素材とした作品を、当館の現代美術ギャラリーA全体を使って構成します。高さ13メートルのピラミッド型のトップライトが特徴的な空間で展開する、カラフルでダイナミックな作品は、芽吹きの春に相応しく、躍動感に満ちた、生命の誕生の喜びをも感じさせてくれるものになることでしょう。
MULTIPLE STAR(多重星(たじゅうせい))とは、地球からは近接した位置に見える3つ以上の恒星を指す言葉です。連続して展開する大型インスタレーションの数々は、今年、不惑の年を迎える鬼頭健吾の、伸びやかで鮮烈な表現世界の輝きを、夜空に瞬く星々さながら私たちに見せてくれるに違いありません。

宇宙(コスモス)へのまなざし―原美術館コレクション
2017年3月11日[土]-6月25日[日]
ハラ ミュージアム アーク 現代美術ギャラリーB・C

人は太古の昔より空を眺めて暮らしてきました。気象予報や方向の見極めに始まる科学的観察の一方で、星々を想像上の見えない線で結びかたどった星座に神話を重ねたり、天女伝説を語り伝えたりしてきたのです。宇宙(マクロコスモス)に対し、小宇宙(ミクロコスモス)とは人間自身を指す言葉です。ここでは、無限に広がる遥かなる宇宙と、どこまでも深い内なる小宇宙の森羅万象に向けられた、想像力と創造力に富んだアーティストのまなざしを追ってみましょう。

原六郎コレクションの近世絵画―狩野派を中心に
【前期】2017年3月11日[土]-4月12日[水]  
【後期】2017年4月14日[金]-5月17日[水]
ハラ ミュージアム アーク 特別展示室 觀海庵

「原六郎コレクション」は、原美術館館長・原俊夫の曽祖父にあたる明治の実業家・原六郎が収集した古美術コレクションで、当館ならではの視点で紹介しております。
今季は、かつて滋賀県・三井寺日光院客殿を飾った狩野派障壁画群より、桃山画壇の巨匠と称される狩野永徳「虎図」、そして、狩野孝信、探幽をはじめとする永徳の後継者たちによる『狩野派寄合書』を展観いたします。永徳急逝後、権力者と密接に関わってきた狩野派は、一門存続のための対応に画策します。盤石な体制づくりと画風の転換への動向の一端を、絵師たちの競演とあわせてご堪能ください。

---------------------------------------------
information
ハラ ミュージアム アーク
〒377-0027 群馬県渋川市金井2855-1
開館時間:9:30 am-4:30 pm(入館は4:00 pmまで)
休館日:木曜日(3月30日、5月4日は開館)
入館料:一般1,100円、大高生700円、小中生500円
伊香保グリーン牧場へのご入場は別途入場料が必要です。
セット券:一般1,800円、大高生1,500円、中学生1,400円、小学生800円(GW期間は除く)
[群馬県在住の皆様へ] 県内の小中学生は学期中の土曜の入館無料。「ぐーちょきパスポート」のご提示により5名様まで入館料200円割引。

■特別プログラム
会期中毎週日曜日(2:30 pmより約1時間)、予約制にて学芸員によるギャラリーガイド、および開架式収蔵庫(現代美術)の特別公開(中学生以上対象)をいたします(お問い合わせ Tel: 0279-24-6585)

■【SHOP at CAFE 】目の前にない風景 AKA+Hのテキスタイル
2017年3月24日[金]—6月25日[日]
ハラ ミュージアム アーク カフェ ダール 

〈ウェブサイト〉 http://www.haramuseum.or.jp
〈携帯サイト〉 http://mobile.haramuseum.or.jp
〈ブログ〉 http://www.art-it.asia/u/HaraMuseum
〈ツイッター〉 http://twitter.com/HaraMuseumARC
---------------------------------------------