HOME > 牧場で何しよう? > 牛の乳しぼり教室

牛の乳しぼり教室

牛さんのぬくもりを、みんなの手で直接感じてみよう!

牛のお乳に直接ふれて、乳しぼりを体験。メインの参加者は子どもたちですが、もちろん大人の方も遠慮なく。牛の紹介やしぼり方など、スタッフの説明を聞いたら、一人ずつ順番にチャレンジ!コツをつかめばこっちのもの。

開催場所 どうぶつふれあいパーク
通常の開催時間 10:00 / 11:30 / 13:00 / 15:00
料   金 500円、100名様まで

牛の乳しぼり教室定員制・有料化についてのお知らせ

このたび伊香保グリーン牧場では「牛の乳しぼり教室」を牛の母体保護のために、定員を設け、有料(500円)にて開催することとなりました。
牛の乳しぼり教室は、より多くの方に「牛からいただいている恵みを知っていただこう」「いのちや食とのつながりを伝えよう」と、一頭の牛の搾乳時間を調節し、毎日開催してまいりました。
牛の乳しぼり教室はオープン以来行っている人気のイベントです。これまで多くの皆様にご参加いただいてまいりましたが、最近では体験自体の人気も高まり、牛一頭では対応しきれないほどにもなってまいりました。牛たちの負担も大きく、長時間手でお乳をしぼることでのストレスもあり、乳房炎にかかる牛が増えてきております。なにより、お客様に対してお伝えしなければいけないことが伝わらず、機械的に体験を行わなければいけないほどにもなっておりました。
40年間行ってきた「牛の乳しぼり教室」をより意味のある体験にするために、2010年12月21日(火)より、有料とさせていただきます。
皆様のご理解とご協力を賜れれば幸いに存じます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

牛は、一日にどのくらいの量のミルクを生産するの?
牛は、生まれて2年くらいすると、赤ちゃん牛を産めるようになります。体重は平均600kgほど。そして、赤ちゃんを産んだお母さん牛は、1日約30リットルのミルクを出せるようになります。性格は、とても穏やか。
ちなみに、牛は牧草を食べるとき、口でそしゃく(良く噛むこと)して、飲み込んだ食べ物を、また口に戻してそしゃくするという行為を繰り返しながら消化します。この食べ物の摂取方法を、反芻(はんすう)と言います。なんと、牛には4つも胃袋があるんです!
好評!グリーンチケット